リモートデスクトップ「Splashtop」の設定方法

Windows、MacでSplashtopを使ってリモートデスクトップ環境を設定する方法です。

How to set up remote desktop

 

リモートデスクトップのソフトウェアを使用することで外出先などどんな場所からでもインターネット経由で会社のコンピュータなどにアクセスして遠隔操作することができます。弊社が提供するSplashtop BusinessならタブレットPCやスマホなどから会社PCにリモートアクセスしてオフィスPCと全く同じ環境でファイルを開いたり、編集したり、全てのアプリケーションを使ってどんな作業もこなすことができます。

ここでは、弊社のSplashtop Businessのセットアップ方法とリモート接続の始め方をご説明いたします。以下の手順に沿って行うことですぐにSplashtopを始めることができます。

Splashtopのアカウント作成

Splashtopアカウントの作成が必要です。以下のページから「トライアル希望」のご依頼をいただくことでアカウント作成が可能です。無料トライアルのご依頼には、クレジットカードなどの登録は不要です。ご依頼後、2営業日以内にアカウント登録のメールアドレスをお送りいたします。アカウント作成後、すぐに14日間の無料トライアルを開始できます。

 

Splashtopのリモートデスクトップ設定方法

アカウント作成が完了後、以下のページからSplashtop BusinessアプリとSplashtop Streamerをダウンロードします。

 

最新ソフトウェアダウンロード

 

ステップ1 – Splashtop Businessアプリのインストール

上記のリンクより操作側デバイスに対応したSplashtop Businessアプリをダウンロードします。左側のプルダウンから「Business」を選択、お使いのプラットフォームを選んでダウンロードをクリックします。ダウンロードしたアプリをお使いの各デバイスにインストールします。Splashtop Businessアプリは、Windows、Mac、iOS(iPhone、iPad)、Androidに対応しています。

ステップ2 – 操作元PCにSplashtop Streamerのインストール

次に操作元PCに対応したSplashtop Streamerをダウンロードします。右のプルダウンメニューから「Business」を選択、お使いのプラットフォームを選んでダウンロードをクリックします。Streamerアプリは、WindowsとMacのどちらにも対応しています。

ステップ3 – Splashtop リモートアクセスの開始

Splashtop StreamerとSplashtop Businessアプリをデバイスにインストールしたら、それぞれのアプリを起動してリモートセッションを開始できます。どちらのアプリにも登録アカウントでのログインが必要です。ログイン後、セキュリティ強化のためデバイス認証のメールが送信されます。メール本文内の「このデバイスを認証するには、下記リンクをクリックしてください。」をクリックしてデバイス認証を完了してください(設定により2段階認証に切り替えることも可能です)。

アプリを開くとStreamerがインストールされたコンピュータ名のリストが表示されます。カラーのアイコンは、現在リモート可能なデバイス、グレーのアイコンは電源が入っていないなどリモート不可なデバイスです。リストの中から、アクセスしたいコンピュータ名をクリックするとリモートセッションが開始されます。

Splashtop Businessの特徴

Splashtop Businessは、高いセキュリティを保ちながら高速に動作するリモートアクセスソリューションです。VPNなどのサービスではデバイスにデータが残る場合もあるため、紛失、盗難による情報漏洩の危険性も考えられますが、Splashtopはデバイスにデータが残らないため、そのような心配はありません。また、ハイパフォーマンスなSplashtopはオフィスとほぼ同等の高速な描写で快適にリモート作業を行うことができます。これらの優れた機能を備えた「Splashtop」は他社製のリモートデスクトップより安価にお使いいただけるのも特徴です。

 

全世界で2000万人以上が利用しているSplashtopを14日間無料でお試しいただくことができます。資料請求、お問い合わせも承っております。